救急救命処置の拡大について

平成26年4月1日から救急救命士が点滴やブドウ糖投与などの救急救命処置を行います。

 

新たに行う処置は救急搬送される15歳以上が対象で、

1.血圧が低下する等の重症な方に点滴を行います。

2.意識がない方の血糖を測定し、低血糖の場合はブドウ糖液を投与します。

これらの処置を行う救急救命士は、所定の講習を修了しており、医師の指示のもとに実施します。

 

 

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧にはADOBE®社のAdobe Readerが必要です。

この情報に関するお問合せ先

消防本部 救急課 救急担当
〒016-0851 秋田県能代市緑町2番22号
電話:0185-52-3368 FAX:0185-53-3958 

このページのトップに戻る

消防・救急